またLIGHT MY FIRE
ラルクとドールが好きな主婦の日記
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2012/01/30(月)   CATEGORY: ラルク
ThE hyDE読みました!(ネタばれ)
ちゃんと29日に届きました、ThE hyDE♪
お誕生日おめでとう!!
そして一気に読みました。
読み終わっての感想は・・・さらにてっちゃんが好きになったね(爆)
あれ、ハイドの本なのに!?←
「哲学2」の豪華版が5500円だと知って「なんでそんな高いねん!」と憤慨していましたが、高い方を買わなくては!と咄嗟に思いました。
テツ愛にさらに拍車がかかったようだわ v vうふ v v

本を出した本人の方ですが・・・

全然変わってないやん!!!!!

っていう印象でした。
もっと赤裸々に何か書いてあるのかと思ったー。
やっぱハイドはハイドで、芯は昔から変わってない人なんだね、っていう。
でも今思ってる気持ちは十分に伝わる内容です。
なんとなくそうなんじゃないかなって思ってたけど、確信に変わったっていうのかな。

3箇所くらい泣きそうになったところがありました。

まずは猫の話。
え、そこ?って思われるかもしれませんが、にゃんこ大好きな私にとってかなり衝撃的でした。
かわいがってた猫が目の前で車に引かれたんですよ・・・。
とてもじゃないけど一気に読めませんでした。
一旦本を閉じて、次男のケンちゃんに「どうしよう!!」って相談したね(爆)
どうしようもないけどね。

ハイドんち、ずっと猫飼ってたんだね・・・「うちの猫はみんな、可愛い顔してるなって、俺は思った」ってとこも泣ける。
私もそう思ってる~~~♪
気分が下がったり上がったり、忙しいにゃ~(笑)

次にFAITHの頃。
そんなこと思ってたのかって考えると、本当に怖い。
でも生き急いでた感はあるよね。。。
ずっと微熱があって、って言ってのもこの頃じゃなかったかなぁ?
「もうそろそろ、いいんじゃないの?」だなんて、、、なんて恐ろしい!!
踏みとどまってくれてよかった・・・。

「死」にたいして、この考え方がハイドだなって思う。
なんて表現したらいいかわからないけど。
後追いについては以前にも聞いたことある気がします。
全くその通りだと思います。


そしてラルクのお話。
ラルクの始まりやその他もろもろ、聞いたことある話ばっかりだったけど・・・疑惑が確信に変わったっていうか信じたくないけど現実みたっていうか、絶対否定したいことがサラッと書いてあって泣きました。

頼む!本心じゃなかったと言ってくれ!!

みたいな?(笑)
懇願してもしょうがないんだけど、私はラルクを失うのが本当に怖いです。
生きがいだから、って言ってしまうと表現が簡単すぎて嫌なんですけど、まぁ簡単に言うとそうだよね(笑)
だからソロに一生懸命になるのを、あーだこーだ言って否定したかった。
本当はHYDEが大好きだし、VAMPSも大好きなんです。
ライブがあったら全部行きたい!と思うし、いつだって見ていたいです。
でもラルクがなくなるんじゃないかって怖かった。
楽しそうにやってるの見ると、急に悲しく思ったり、なんだよ!と拗ねて思ったりもした。
でもこれからはそういうのやめなきゃな・・・って思います。
もっと広い心で応援しなきゃいかん!!←
せっかくのてっちゃんの努力を無駄にしたらあかん!ってね。
そして、てっちゃんへの愛を再確認したわけです(笑)
ハイドも芯がブレない人だと思うけど、てっちゃんもそうですよね。
てっちゃんの手腕がなければ、今のラルクもなかっただろうし。
ハイド本の感想なのでテツ愛についてはこのくらいにして・・・と(笑)

文章の中で、「俺のせいで、今まで築いた物を破壊するのも悪いし」っていうところがハイドらしいと思いつつ、なんだか苦笑いしたくなっちゃう。
この人って常に自分は後回し。
でも反面、「俺はとりあえず辞めるけど、続けたいのであれば、新しいボーカリストを入れればいいんじゃないかなって」って冷たいことを平然と言う。
なんちゅうのかね・・・このすごく思いやりがあって優しいところと、急に突き放すような冷たいところと、ふたつあるんだよね~~~。

何年か前に自分のブログに書いたことがあったんだけど、一緒のお布団で寝れる人(やらしい意味じゃなくてね 爆)ってことで、私はてっちゃんとはスヤスヤ寝れるけど、ハイドとは怖くて寝れん!と言ったら、友達はみんな逆だろ!って言ってたんだけど・・・覚えてる?(笑)

んで、上記の辞める辞めないのハイドの言葉を読んで、やっぱ同じことを思ったっていう・・・
ヤツとは安心して寝れない!(爆)
安眠にはてっちゃんだ!

最後に、全体的な感想を。
本の装丁があまりにも「らしい」くて笑った!
好きだよねー、こういうの。
そして文章が口語なんですね・・・。
インタビュー形式でもなく、ハイドの語り口調で書かれててびっくりしました。
読みやすいし、なじむけど(笑)

それからメンバーのことを「tetsuya」とか「ken」とか呼び捨てに書いてることへの違和感。
ハイドっていつも「ちゃん」付けしたり、勝手にニックネーム的に作って呼んだりする印象があったので。
てっちゃんのこと「てっちゃん」って呼ぶのハイドだけよね?
kenちゃんは「テツ」って言うし、ユッキーは「テツくん」って言ってますもんね。

小さい頃の写真は「is」に載ってたのもあったけど、やっぱかわええですな!!
私がお母さんだったら自慢しまくるね(笑)
そして女の子の服着せます←え。

セルフポートレートがちっちゃいながらも載ってることに感謝しました。
いいなぁ~、コレ、大好きなんです。
いろいろ事情があったんだろうなっていうのは思ってたけど・・・
大きな印刷物で保存したい派なんで、発売を期待しています。

で、読み終えて、やっぱ心底この人が好きだな~って!
お誕生日おめでとう!
生まれてきてくれてありがとう!


スポンサーサイト
Copyright © またLIGHT MY FIRE. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。